水稲の育苗箱の製品紹介です。エバーゴルワイド粒剤という商品ですが、1剤でほとんどカバーできるように、殺虫剤成分2剤、殺菌剤成分が2剤の合計4剤入りの薬剤です。

 

播種時覆土前から移植当日まで長い登録機関をもち、4成分がドロオイ、ウンカ、いもち病、紋枯病を効果を発揮します。

現在の箱施用剤はスタウトパディート、フジワンフェルテラ、アプライフェルテラ、アプライパディートなど、多くの剤がでていますが、紋枯病も対応しているということで注目されています。

というのも、昨年空知管内では高温が続いた事もあって紋枯病が発生した地区があるからです。

この剤は紋枯病に関しては8月まで効果を持続できるということですから、理論上はほぼ紋枯病を抑えることができるということでした。

弊社ではまだ使ったことがありませんので、要望があればメーカーと試験をするなどして対応していきたいと思います。